縮毛矯正は、とても素晴らしいメニューですが、失敗されると悲惨な目に合うことも・・・。
失敗しない為に、縮毛矯正の真実と美容師側のホンネをお伝えします。
知識を得て、あなたに合った美容師に出会うために。

医薬部外品

従来からある、いわゆるパーマ液です。
特徴は、ツーンとしたキツイ臭いがあり、薬剤のパワーが強いものが多いです。

チオグリコール酸アンモニウム
アルカリ性で還元力が強い。
揮発性が高いため刺激臭が強い。
髪の残留アルカリ度は揮発するために低い。
古くから使われている還元剤で、今も頻繁に使われています。
いわゆる、「パーマ液の臭い」の元はコレが多かったのでは?
髪へのダメージは高いと言えます。
使い方次第なんですけどね。

チオグリコール酸モノエタノールアミン
アルカリ性で還元力は強い。
チオグリコール酸アンモニウムの揮発性を弱くしたタイプで、刺激臭は少ない。
その分、揮発せず髪に残留アルカリとして残ってしまい、結果的に髪を傷める事に。
髪へのダメージは高いです。
これなら、チオグリコール酸アンモニウムの方を使ったほうが良さそうですね。
施術中のニオイさえ我慢すれば。。。

システィン類(L-システィン、DLシスティン、アセチルシスティンなど)
還元力は弱い。
刺激臭は少ない。
毛髪への損傷も低め。
柔らかい質感。
アルカリ度は高い。
髪へのダメージは弱いが、
伸びが弱く、単品で使うことはほとんど無く、
チオグリコール酸などのパーマ剤とブレンドされた商品がほとんど。
アルカリ剤にモノエタノールアミンを使ったものが多く、
やはり残留するようですね。

最近は、チオグリコール酸を使わず、システィンと酵素でしっかりとしたパーマをかけることの出来るパーマ剤が出来ていますよ。
縮毛矯正用はまだのようですが。

関連記事

  1. 化粧品類

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0
健康阻害